暮らし

【渋谷の豆知識】キューズ・アイとは?スクランブル交差点の日本一有名なスクリーン

シブログをご覧の皆様こんにちは。

飯川です。

今回は渋谷のちょっとマニアックな豆知識を紹介します。

渋谷のスクランブル交差点にある、TSUTAYAのところのスクリーンについてです。

・・・あれの名前を知ってる人います?

最近僕が大好きな漫画、左利きのエレンという漫画で出てきまして、初めて知ったわけです。

んで、ちょっと調べてみたので皆さんに共有します。

あのスクリーンの名前は・・・Q’S EYE(キューズ・アイ)

この記事を読めば、渋谷のスクランブル交差点を渡るときにドヤ顔で語れますよ。

スクリーンの名はキューズ・アイ

この赤枠がキューズ・アイです。

TSUTAYAとかスタバとかが入っている建物ですね。渋谷の景観に溶け込みすぎてもはや当たり前になっているけど、冷静に見るとめっちゃでかい。

その画面の面積はなんと99.5㎡!!!

ニューヨークのタイムズスクエアのスクリーンとかが世界的にも超有名だと思いますが、それをはるかにしのぐ大きさ。

↓タイムズスクエア

普段はフルスクリーンじゃない

どういうこと・・・?

って思いますよね。

前提として、キューズアイは広告が表示されていることが大半です。(多分)

広告の大きさが日本の法律で制限されているため、全画面での広告は出せないんですって。

つまり・・・広告を表示している状態は本気ではない。

そう、〇リーザのように進化をできるわけです。

全画面はこの動画がわかりやすいです。

でけえ!

アクセス

スクランブルの象徴

意識してみると、あのスクリーンあってのスクランブル交差点だと思います。

今回の知識をどや顔で家族恋人知人に言ってみてください。

物凄く渋い顔をされると思います。

キューズ・アイでいつかシブログの広告を打ってみたいなぁ・・・( ^ω^)

ではまた。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT ME
飯川食男
飯川食男
食べること以外なーんもできない男。そのくせ感想はうめえ!のみ。スパゲティを大量に食べる。