渋谷で働く人図鑑

学生ながらにBranding Engineerの採用室長を務める内田健太さんに仕事の思いを聞いてみた!

今回取り上げるのは「Branding Engineer」の採用室長を務める内田健太さん!

Branding Engineerと言えば2020年7月に東証マザーズに上場したばかりの勢いがある渋谷の企業です!

「Break The Common Sense」の経営理念のもと、フリーランスエンジニアとITコンサルタントの専門のエージェントサービスMidworksやIT・ゲーム業界特化型転職エージェントTech Starsなどを展開しています。エンジニアに寄り添った新サービスを提供していくことで、ITエンジニアのプラットフォーム企業を目指しています。

そのBranding Engineerの中で、学生ながらにして起業~売却を経て、Branding Engineerで採用室長を務める内田さんにお話しを伺っていこうと思います!

<取材担当 三木雄平>

学生ながらにして大活躍

ミツキ
ミツキ
本日はよろしくお願いします!
内田さん
内田さん
よろしくお願いいたします~!
ミツキ
ミツキ
早速ですが、簡単に自己紹介いただいてもよろしいでしょうか?
内田さん
内田さん
改めまして、Branding Engineerの採用室長として働いています。

採用のオペレーションを考え直したり、経営計画と採用計画をすり合わせたりと、採用に関わること全てをやっています。

ミツキ
ミツキ
起業経験されているとか、とんでもない学生ですね!しかも今はBranding Engineerで採用に関わることすべて・・・すごい!

起業された会社ではどんなことをされてたんですか?

内田さん
内田さん
PR 全般ではありますが、起業当時は採⽤広告をメインに取り扱っていました。
イメージ戦略などを考えて実務を推進していく点は今の業務にも通ずるものがあります。買収したビジネススクールは学⽣向けの起業/就職を⽀援しています。
ミツキ
ミツキ
なるほど。にしてもすさまじい経験ですね。

学生にしてはありえないくらいビジネス経験豊富な内田さんですが、あえて大企業ではなくベンチャー企業に入社した理由ってありますか?

内田さん
内田さん
今の大企業ではなく、10年後の大企業を一緒に作りたいと考えたんですよね!その時に最年少で会社を上場させている高原社長となら実現できると思いジョインしました。

採用室長までの道のり

ミツキ
ミツキ
Branding Engineerを知ったキッカケはどんな事だったんですか?なかなか学生のときからしっかりコミットできる会社を見つける人が周りにいないので、聞いてみたいです。
内田さん
内田さん
たまたま友人が働いていたんです!なので自分で見つけたというよりは、紹介に近い形ですね。
上場したての若い会社という点、もともと近しい業界にいたことでその時のノウハウを使って会社を人の獲得を通して成⻑させたいと思った点、の二点から入社したいと思いました。
ミツキ
ミツキ
なるほど!
僕と同じ大学生でいながらどうやって採用室長のポジションを獲得したんですか?
内田さん
内田さん
タイミングですね。丁度前任者が休暇に入る時期だったので入れ替わりという形になります。もちろん仕事で成果を出すために努力をしてはいましたが。
ミツキ
ミツキ
タイミングがあっても誰でもなれるわけではないので、前職やそれまでの努力がすごかったんですね。

内田さんから見るBranding Engineerの現在

ミツキ
ミツキ
社員さんは若い方が多いと思うのですが、学生なのは内田さんだけですか?
内田さん
内田さん
現在学生の社員は僕だけですね。ただ、高卒で働いているメンバーもいますし、大学出る前から社員として働いている人もいます!
ミツキ
ミツキ
なるほど!ベンチャーということもあって若い方が多いんですね。
若い方が多いからこそいい点や、逆に欠けている部分はあったりしますか?
内田さん
内田さん
それで言うと、うちは良くバランスが取れていて一定数30代から50代のメンバーもいるんですね。
そういった人たちは守り気味だが若い世代は攻め気味なので両軸があるはいいなとはおもいます。
また、若い人ばかりの会社よりも、たくさんの経験を積んでいる方がたくさんのことを吸収できるので会社としても個人としても成長できると思います。
今後は、年齢層が少しずつ上がっていくとは思います。今までは0から100のフェーズだったのに対し100から10000、もしくはそれ以上のフェーズになるので。
ミツキ
ミツキ
若い人ばかりの会社のイメージがありました(笑)攻めと守りのバランスの良さがあったんですね!
そんな会社で働いている中でのやりがいはどんなことですか?
内田さん
内田さん
会社の仲間が増えていくことも楽しいですし、それによって会社の動きが変わっていくことは採用担当しか感じられない楽しさだと思います。
会社に入ってくれた人が活躍したときは採用担当として最高にやりがいを感じます!
ミツキ
ミツキ
仕事をする上で大切にしていることはありますか?
内田さん
内田さん
やっぱり、その場の数字だけ追わないことですね。長期的に見た上で結論を出すようにしています。目先のことだけでなく5年や10年先の影響を考えながら仕事をしています。

現在会社が丁度転換期を終えたところなので、これから⽇本や世界を代表するような大企業になれるかなれないかというところですね。ベンチャーから上場してこれから大きく化けられるか、今やっている挑戦がどこまで突き抜けられるかが大事ですね。

そのためにも中長期的な視点は必ず持って仕事に取り組んでいます。

渋谷への思い

ミツキ
ミツキ
Branding Engineerは渋谷道玄坂の上に位置しているわけですが、内田さんが好きな渋谷お店はありますか?
内田さん
内田さん
PANZEROTTERIAというイタリアンのお店が好きですね。
ミツキ
ミツキ
どちらにあるんですか?
内田さん
内田さん
松濤です。
ミツキ
ミツキ
松濤にあるイタリアンなんですね!
内田さん
内田さん
はい!パンツェロッティという揚げピザがおススメです。
特にサルシッチャが⼊っているパンツェロッティがお気に⼊りです。
ぜひ一度行ってみてください!
ミツキ
ミツキ
そうなんですね!
知らなかったので今度行って食べてみたいと思います!

その他に渋谷の好きな所はありますか?

内田さん
内田さん
あとは、渋谷スカイからの夜景が素敵で好きですね。
ミツキ
ミツキ
高いところから見る渋谷の景色めちゃくちゃいいですよね。

最後にお聞きしたいのですが、Branding Engineerに入社したいという方向けに、どんな方はBranding Engineerに向いていると思いますか?

内田さん
内田さん
何者かになりたいと考えている⽅はうちにすごい向いてると思いますね。

  • 主体的に動ける人
  • 頑張り続けられる人
  • 自分なりのやり方を見つけて模索できる人
  • 完璧を求めすぎない人
  • 失敗して軌道修正できるかの行動力

以上に当てはまる人はぜひ弊社をご検討いただきたいです。

ミツキ
ミツキ
ありがとうございました!Branding Engineerに興味を持った方はぜひ挑戦してみてください。

まとめ

ということで、今回はBranding Engineer採用室長の内田さんに色々お話をお伺いしました!

同じ年でバリバリ働かれているお話を聞いてすごい刺激を受けました!とにかく仕事が好きという印象が強く思いの強さを感じました。

勢いに乗るBranding Engineerの今後の展開、内田さんのこれからの活躍が楽しみです!

Branding Engineerでの仕事に興味がある方は一度求人ページもご覧になってみてください!新卒も中途も積極採用中だそうです!

https://herp.careers/v1/beinc/

 

また、学生向けの起業/就職を⽀援しているビジネススクール、クラウンアーツはこちら!

https://crownarts-businessschool.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT ME
みつき
みつき
「青学編集部」部長 体育会の主将ながらも無類のスイーツ好き。